春休み。。

テスト終わったー。
ついに春休み。ブログ放置気味だったので帰省から帰ってきて今日まで(1/11-2/5)を振り返る。

テストとバイトとプログラミングの話。今回はテスト期間が異様に長い。テストの数が多いわけでもないけど週に3つずつぐらいで3週間。まあ余裕を持って勉強できるからいいんだけど。だから普通にバイト行ってた。てか普段よりバイト入ってた。バイトない日は一日中プログラミング。飽きないねー。リファクタリングとかで何書いていいのか分かる場合は単純に作業だから捗る。書き直さず一発で良いコード書けるのが一番いいけど、結果的には作業はかなり進んだ(、気がする)。

そんなこんなで時間に自由が利くときにやってしまいたい作業ばっかりを優先してやってたから読書もあんまできてないし、ブログも書いてない。ブログ書くかぁってなってPCに向かうとどうしても作業しちゃう。ブログのデザイン変えたりWordPressのプラグイン探したり。そもそもこのブログの位置づけが自分でもよく分かってないし。書いてみたら後付けで書く理由が浮かぶかもっていうノリ。それはさておき、肝心のテストなんだが、勉強そっちのけでゴソゴソしてたから勉強は前日の夜に始めて何度かエグッた。バランスよくやりたい。単位は取れたと思う。

気づいたら大学2年生ももう終わりなんだなと。あとは折り返し。1,2年に比べて忙しくなるとは思うから、この2年間でできたことと良くて同じくらいのことしかできない。そんなふうに思った。自分はゼミに入らないから比較的時間の拘束はないほうなんだけど就活あるし。就活のこと全く何も考えてないけど。卒業したときにどんなふうになっていたいのか考えつつ毎日生活しよう。

山積みの技術書たち

山積みの技術書たち。文字ばかりだと味気ないからと思ったけど最近撮った画像がこれしかなかった。プログラミングばっかりやってる。春休みの課題図書。

自分は意外にも日記を書く習慣があって、中一のころから毎日日記書いてる。書くことで考えがスッキリするのが日記の良いところ。最近思うもう一つの良いところは見返すのが楽しいこと。「あのとき自分は何をしていたのだろう」って考えたときにパッと浮かばないと時間を無為に過ごしてたんだと思ってしまうけど、日記読んだらそのときはそのときで自分なりに頑張っていたんだと気づくし頑張ろうって気になる。この2年間で変わったところ、成長したところも日記に書いてあって必ずしも無駄な時間を過ごしてきたわけじゃないんだなって思う。

日記を読み返したときに、決まりきった日常なんて書いていても思い出せない。その日がいつもと違う要素を持ってたら、それを鍵に一日の出来事を全て思い出すことができる。「確かあの日は何時に起きてアレ食べて・・」みたいな感じに。日記書くときはその日あったいつもと違う要素を書くことを意識すると行動が少なからず変わったし、振り返って読むと過去の日々の区別がつくから面白い。

今年になってからは特に日々の区別のつける日記を書くように意識してる。天気とか食べたものとか読んだ本とか体調とか考えたこととか何でもかんでも。あとでその日を思い出せる手がかりになるものは何でも。だからブログに書いてないだけで日常のネタは溜まっていたりする。手元に日記がないと思い出せないんだけど。このブログも自分を振り返る一助になればいいかなと。

春休みとは言っても、部活とバイトとプログラミングが中心の自分にとっては何ら生活が変わることがない。それでもあとから振り返ったときに、大学2年生の春休みはあれをやったと振り返れるような毎日にしたい。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*