i3DESIGNインターンてらにしのUkraine滞在記_5:友達をつくる

更新に少し日があいてしまったけど、この一週間強でいろいろ思うところがあったので数回に分けて書いていく。今回は8日間の出来事について。

先週はオフィスと家の往復だったから今週はもう少し出かけたり人と会ったりしようと計画していた。ちょうど仕事も忙しくて濃い一週間だった。今週は仕事も遊びもバリバリやったぜと感じられる反面、ものすごく疲れた。

オフィスと家の往復だけじゃもったいない!


もちろん仕事で来ているという自覚はあるけど、それだけしかしないというのはあまりにも実りが少ない一ヶ月になってしまう。仕事以外のプライベートの時間、勉強や読書やプログラミングや体のトレーニングをすることはどれも大事なんだけど、ここでしかできないことよりも優先するのもなぁと感じた。とりあえず外に飛び出してみようと考えを変えた。

3月2日(土)
順子さんの紹介でスピーキングクラブに参加した。このクラブは日本語を勉強しているハリコフの人たちの集まりだ。日本人にぜひ来てほしいということらしいので参加した。ふだん口数が少ない自分だけど、ひたすら質問されたのでかなり話をした気がする。スピーキングクラブの創設者の一人であるナターシャさんの家に遊びに行くことになり、彼女の家でボードゲームなどのアナログなゲームでお酒を飲みながら騒いだ。日本語が通じる現地の友達ができて嬉しかった。そしてしっかりと次の約束をとりつけた。

3月3日(日)
次の一週間を密度濃く過ごすためにこの日は一日中休むことにした。ストレッチしたり胃にやさしい料理をつくったり、一週間をふりかえったりロシア語をじっくり勉強したり。「ロシア語できないと何もできない」とか考えていると本当に何もできないので、ロシア語できないのにカフェ行った。пожалуйстаとДаとСпасибоだけで何とか注文した。後から順子さんとOlegさんも来たのでおしゃべりした。

3月4日(月)
お仕事。先週からジムの一ヶ月会員に入会したので今日は事前にメニューを考えて本格的にトレーニングした。体力がないとアグレッシブに生活できないぜって思ったけどトレーニングでヘトヘトになった。オフィスの人の通訳なしに自分で昼食を注文してみた。

3月5日(火)
仕事の後はOlegさんの技術者友達の家に遊びに行く予定だったけど、仕事が忙しかったので日曜日に変更してもらった。仕事の後Olegさんと順子さんとメキシコ料理食べに行った。仕事の後の一杯はうまい。でもヘトヘトだった。

3月6日(水)
今日はスピーキングクラブの友達と集まる日。土曜日が定例日なんだけど今日は自分のための特別回らしい。なんとか仕事を終えて待ち合わせ場所で待ってたら女性がぞろぞろやってきて5人の女性たちとアイリッシュパブで日本語でおしゃべりした。楽しかった。

3月7日(木)
終日仕事。ジムにも行った。ヘトヘト。夜遅くに帰宅してベッドに倒れて寝る。

3月8日(金)
ウクライナの祝日でこの日は仕事もお休み。女性の日らしい。疲れが溜まっていたので家で読書。順子さんからドイツビール飲みに行こうと誘われたのでOlegさんと3人で出かけた。お腹いっぱい食べて飲んで幸せだった。けど一週間で食べて飲んでと繰り返したので胃も疲れてグッタリ。明日は休もうと決める。

3月9日(土)
胃と肝臓を休めるためにこの日は食事を控えた。読書して昼からスピーキングクラブに行って来週遊ぶ約束をして解散したあとはおとなしく帰って昼寝してストレッチして読書して22時には寝た。おかげで疲れがいっきに回復した。この日外は吹雪だった。

友達が行動範囲を広げてくれた

プライベートの時間が充実したものになったのは友達のおかげだと思う。知らない土地で言葉もわからないとなると周りの人に頼ることさえ困難で行動範囲が狭くなりがち。自分は一人旅が好きなんだけど、旅の場合は「ここに行ってやるぞ」とか「これ食べに行くぞ」とか毎日なにかしら目的があることが多いから良くも悪くも突き進むしかないけれど、滞在の場合は「今日は何しようかな?」と思っているうちに日が暮れたりするんだよなあ。そんなときに地元のことに詳しい現地の友達ができると、言葉の面でもローカル情報の面でも助けてもらったり教えてもらったりして自分の行動範囲外のことに手が届くようになる。人のつながりって大事だなと改めて思った。

続く

P.S.
知らないおじさんが合鍵で部屋に入ってきた。あとでわかったけど水道の点検だったらしい。腰が抜けた。人のつながりは大事だけど悪い人に騙されないように。タイのバンコクで何度痛い目にあったことか。

LINEで送る
Pocket