東アジア周遊記20:2013年08月24-25日-旅26-27日目-国際列車再び

2013年08月24-25日 旅26-27日目 国際列車再び

北京行きの国際列車はウランバートルに来たときと同様にきれいな車両だった。景色を眺めたり出入国カードを書いたりしていたらあっという間に夜になった。日付が変わるくらいに中国に入国して停車駅で降りて深呼吸したときはついにここまで来たと感動した。

同じコンパートメントの人は3人ともモンゴル人で自分と同じくらいの歳だ。そのうちの一人の女の子は英語が話せるみたいで自分に話しかけてくれた。自分が日本人だと知ると日本語であいさつしてくれた。日本のことが好きみたいで日本の歌を歌ってくれたが日本人以上に上手だった。モンゴルでもLINEが流行っているみたいでLINEのIDを聞かれた。彼女も北京、上海と旅行に行くようでまた会えたらいいねと言ってくれた。食事してたらモンゴル料理をおすそ分けしてくれた。

鉄道で旅するとこう何度も親しく声をかけてもらって親切にしてもらえるものなのだろうか。イルクーツク-ウランバートル間しかり、ウランバートル-北京間しかり。鉄道は移動に時間がかかるけど、旅してる人やローカルの人と話をしたり風景を眺めたりできるし移動手段以上の意義というか楽しみがあると感じる。

そんなふうに思っていたら北京に到着した。ホステルに直行して調べごとしたり連絡取ったりなどタスクを済ませて早めに寝た。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*