2013年 9月 の投稿一覧

Cmd+かなでロシア語入力

KeyRemap4MacBookを使う。下がprivate.xmlでの設定。


<?xml version="1.0"?>
<root>
<vkchangeinputsourcedef>
<name>KeyCode::VK_CHANGE_INPUTSOURCE_RUSSIAN</name>
<inputsourceid_equal>com.apple.keylayout.Russian-Phonetic</inputsourceid_equal>
</vkchangeinputsourcedef>

<item>
<name>Change input source to Russian by left cmd key + KANA</name>
<identifier>private.change_input_source_to_russian</identifier>
<autogen>
__KeyToKey__
KeyCode::JIS_KANA, ModifierFlag::COMMAND_L,
KeyCode::VK_CHANGE_INPUTSOURCE_RUSSIAN
</autogen>
</item>
</root>

Хорошо!

2013年夏休み 43日間放浪まとめ

旅を終えて…

帰国して数日経って思うこと。海外一人旅したくらいじゃ人生変わらんというのが持論なんだけど、やっぱり行く前と帰ってきた後で変わったことなんかない。せいぜい思いつくのが、

  • 世界地図の見過ぎで自分の中の世界の距離が縮まったこと
  • どこの国の人でも面と向かってしゃべれるようになったこと
  • 人は人、自分は自分という考えが余計に深まったこと

ぐらい。イルクーツクやウランバートルを歩いててロシア人とかモンゴル人に自分の立ち振る舞いがどのように見られているかいちいち気にしないのと同様の感覚で日本での生活を過ごしてる。あと変わったことは体重が増えたことぐらい。飛行機使わず東アジアをぐるっとしてきたことに実感がわかないから自分が通った道のりを地図でなぞってみたらやっと感動した。まぁそんなもん。

東アジア周遊記28:2013年09月10日-旅43日目-帰国

2013年09月10日 旅43日目 帰国

2時発のフライトまで空港で時間をつぶす。カツが食べたいと思っていたらジャパニーズ・カツラーメンという謎の料理を見つけたので我慢できずに食べたらマズかった。"空港ラップ"なるものを考えて二人で爆笑していたら搭乗時間。マズいと言いながら機内食を平らげてちょっと寝たら上海到着。すぐに乗り換えて機内食食べたら成田に到着。久々の日本。日本の西から船で出国したから不思議な気分だ。最後の青春18きっぷを使って成田から銚子へ鈍行で旅、とはならず船橋でカツ丼とカツカレー食べて夕方帰宅した。久々の自分の部屋は時間が止まっていたかのように何も変わってなかった。

東アジア周遊記27:2013年09月06-09日-旅39-42日目-バカンスinバンコク後編

2013年09月06-09日 旅39-42日目 バカンスinバンコク後編

9月6日は昼まで寝て起きてすぐにビール。カードでお金引き出して財布が元気になった。ホテルがカオサンにあるので毎食食べ歩き飲み歩き。そろそろ観光もしようかということで早めに寝た。

9月7日、朝起きてアユタヤへ。カオサンからタクシー貸し切って周遊してもらった。二人で3000バーツから1500バーツに値切れてファインプレー。自分は去年行ったばかりだけど象に乗るのは二度目でも楽しかった。象乗るの高いけど。カオサンに帰ってホテルの部屋で屋台料理をツマミに飲んだ。二人とも良い感じに酔ってテンション上がってきたけど疲れてたのですぐに寝てしまった。

9月8日、特にやることがない。無理に観光する必要もないのでゴロゴロして夕方から思いつきでムエタイ道場へ。見学じゃなくて体験。自分はボクシングやってるからキツくなかったけど友人は運動不足過ぎてヘトヘトになってた。お腹がすいたのでレストランをハシゴして肉料理、魚介料理、お酒を楽しんだ。ムエタイしたおかげでグッスリ眠れた。

9月9日、タイも最終日。午前は残ったバーツで目いっぱい朝食食べてカオサン周辺でおみやげを探し歩く。正午にチェックアウトしてサウナ(二回目)に行って5時間くらい風呂入ったりサウナで汗かいたり水風呂で修行したり休憩室で寝たりした。サービスが感動的に良い!最後にサイアムスクエア行ってタイの食材を使ったしゃぶしゃぶを食べて大満足。電車乗って空港行って深夜発のフライトを待った。妥協せず散財しまくって思い残すことなし!

東アジア周遊記26:2013年09月02-05日-旅35-38日目-バカンスinバンコク前編

2013年09月02-05日 旅35-38日目 バカンスinバンコク前編

9月2日昼のフライトでタイのバンコクへ。電車とトゥクトゥクでカオサン行ったらいつもどおり活気に溢れてた。ホテルに荷物置いてさっそく屋台でパッタイを頼む。それからレストランでタワービールを飲んでタイカレー食べて良い気分で寝た。

9月3日は朝食ビュッフェのあとお昼から歩いてワット・ポー、それから船でワット・アルン。夕方ホテルに戻ってタイ古式マッサージ。レストランでラムとウイスキーを飲んでトムヤムクンを鍋で注文して食べてバイタクで風を浴びながら移動してバーでまた飲む。深夜ホテルに戻る。

次の日9月4日はホテルでゴロゴロする。友人は一人でワット・プラケオへ。夕方から友人と残りの日程について会議。カンボジアとの国境のポイペトのカジノに行こうという話があったがモチベーションが上がらないという理由でキャンセル。鶏一羽丸焼きで食べて寝た。

9月5日はサイアムスクエアでランチ。タイ料理も少し飽きたのでイタリアンを食べたけどめちゃくちゃおいしかった。その後露天サウナに行ってジムで体動かしたり風呂入ったりマッサージしてもらったりして夜は再び飲み歩く。お金を使いすぎて二人とも現金が尽きる。タイの物価に甘んじず豪遊するというのが趣旨なので問題なし。ここまで旅続けてきて良かった。

東アジア周遊記25:2013年08月30日-09月02日-旅32-35日目-上海

2013年08月30日-09月02日 旅32-35日目 上海

8月30日、正午過ぎに浦東空港まで友人を迎えに行って無事に合流。東方明珠塔、上海環球金融中心を見てホステルに戻る。お酒を買ってきて乾杯した。

次の日は外灘、南京東路、人民広場、新天地、田子坊、上海交通大学、豫園を観光。街を観光しても観光地に来たって感じはしない。上海っぽいもの食べようと思ってレストランで食事したのが一番良かった。有名所はひととおり行ったので9月1日はやることなし。これからタイに向かう二人の心は既にタイへ。元よりバーツを使いたいからこの日は個人飲食店をハシゴしてチャーハンと麺料理を食べ比べした。あとは怪しいキャッチの人をひたすら観察してた。

9月2日、いよいよタイへ。バカンスはこれから。

東アジア周遊記24:2013年08月29日-旅31日目-北京-to-上海

2013年08月29日 旅31日目 北京 to 上海

朝9時にチェックアウトをして荷物を預かってもらって最後に少し観光。バスではるばる盧溝橋へ。日中戦争の導火線となった盧溝橋事件が起きた場所。そんなことがあったとは思えないほど静かできれいな場所だった。思いの外バス移動に時間がかかり天壇公園は断念。天壇公園と明十三陵と周口店はまた次回行こう。荷物を取りに戻って15時に北京南駅で高速鉄道に乗車。日本の新幹線と同じくらい快適だった。5時間で北京から上海に移動できるのだからすごい。上海の虹橋駅に着いて地下鉄でホステルに移動。これで飛行機使わずに東アジアを一周するという目標を達成したことになる。一人旅も今日で終わり、明日からは友達と合流して"旅モード"から"バカンスモード"へ。夜遅くまで上海の観光について調べて寝た。

東アジア周遊記23:2013年08月28日-旅30日目-万里の長城

2013年08月28日 旅30日目 万里の長城

早起きしたのにあいにくの雨。ツアー使わずローカルバスで自力で万里の長城に行こうと計画していたから構わず決行。観光地としてメジャーな八達嶺長城も良いけど人混みは避けたいから慕田峪長城のほうへ。こちらのほうがマイナーなぶん人は少ないがバスの本数も少ない。バスターミナルをなんとか見つけて1時間強待ってバスに乗って2時間かけて移動。到着してからロープウェイで山を登る。これを歩いて登るのはしんどいだろうな。しばらくして頂上にある長城に到着。慕田峪長城に来た理由のひとつは名物のスライダーなんだけど雨なのでやっていなかった。

長城はかなり壮大だった。雨がちょうど上がって霧のなかに浮かぶ長城は神秘的に感じられた。こんな巨大な城壁を築かせるほどの権力を持っていた始皇帝に感服した。どこまで歩いても終わりが見えない、当たり前だが。登ったり下ったりして2時間かけて隣のロープウェイ乗り場まで往復した。

ロープウェイ乗り場まで戻ってくるとスライダーが復活してる。なんという強運(凶運?)。このスライダーを使えば山のてっぺんから下山できるぜ。スライダーで下るという発想がクレイジー。ロープウェイで登ってきたとき「これはやべー」と思った。スライダーには専用のソリが用意してあってかなりスピードが出るようだ。こんなに長くてスピードが出るスライダーは世界中探しても他にないだろう。ソリにブレーキがついているがどこまでスピードが出るか試さずにはいられない。スタッフの事前注意は聞き流して自分の番を待った。

雨上がりのスライダーは滑りが良かった。最高のコンディションだ。The Great Wallを頂く山のThe Great Sliderはハンパじゃなかった。急カーブに差し掛かるところでスタッフが立っており『スピードを下げろ』と言ってくるが無視したところで止められるわけがない。どんどんスピードを上げて山を下る。爽快だけど怖い、でも止めるわけにはいかない。ガンガン速度を上げて下っていったが終わりが見えない。「このスライダーそのうち事故が起きて封鎖されるだろうな、その前に滑れて良かった」と思いながら最後の急カーブに猛スピードで突っ込んだら自分が事故った。ソリが脱線して体が投げ出されてスライダーの上を左半身で十数メートル滑った。肌を露出している部分が丸焦げになった。さすがに痛みもGreatだった。スライダーから地面に落ちてたらスライダー封鎖されてたな、絶対。なんという強運(凶運)の持ち主。自分で感動して興奮しながらバスでホステルに戻った。なんか満足したからすぐに寝た。

東アジア周遊記22:2013年08月27日-旅29日目-北京観光2日目

2013年08月27日 旅29日目 北京観光2日目

北京観光2日目。今日は天安門、故宮、景山公園、北海公園、恭王府、什刹海、南锣鼓巷、王府井という順でまわった。昨日紹介で知り合った友達と彼女の友達と自分の3人で観光した。これらの観光地は地図で見ると全部密集しているのだけど一つ一つが広くて自分が思っていたよりも回るのが大変だった。一日中歩いて疲れたけど楽しかった。

そして帰りに北京駅で上海行きの高速鉄道のチケットをゲット。これで上海まで行けば飛行機使わず東アジアをぐるっと回るという目標が達成される。

東アジア周遊記21:2013年08月26日-旅28日目-北京観光1日目

2013年08月26日 旅28日目 北京観光1日目

北京観光1日目は雍和宮、鳥の巣、頤和園、円明園へ。午後の頤和園からは中国人の留学生の友達に紹介してもらった現地の女の子と観光。頤和園も円明園も大きな公園だったから観光が終わる頃には二人ともグッタリ。レストランで麻婆豆腐と回鍋肉とチャーハンを食べて大満足の一日だった。