記録

日記を中学校入学以来9年半書き続けている。大学入学と同時に中高6年分を(誤って)捨てた。そして大学入学してから今日までは一日も欠かすことなくぎっしりと書いてきた。入学と同時に一人暮らしを始めて家計簿も今日まで毎日つけてある。レシートも全部ノートに貼って取ってある。家計簿の月次のまとめを見ると毎月食費や交際費や勉強などにいくら使ったか1円単位で分かるし推移も一覧にまとめてある。単位を取り終えて卒業を半年後に控えている今日、これらを見返すと自分が大学に入ってどのように変わってきたのかが読み取れるし、鮮明に思い出される。

でもこれらのものは見返すためではなく自己管理のために記録してきたので、今回持ち物を可能なかぎり減らす試みをしているから抜粋をスキャンして全部捨てようと思う。昔の自分がどうだったかなんて覚えてないほうがいいさ。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*