ストレス

どうしようもなくストレスが溜まっているなと最近感じている。
自分がストレスを溜め込んでいるときの状態は特徴的で、
・風邪をひいて症状が長引く
・スマホをいじったりネットをしたりする時間が長くなる
・くいしばりをする
・過食(嘔吐)
・生活リズムが狂う
・思考力の著しい低下
など、自分でもすぐに自覚できるものばかりだ。
ここ一ヶ月くらいでストレスの蓄積が深刻になっている。

自分は外的な環境に対するストレスにはめっぽう強いと自負している。
めっぽう強いと書くと辛抱強いように聞こえるが、正確には仕事や人間関係でストレスを感じて仕方がない場合はさっさと関係を断つことにしているからストレスを溜め込むに至らないというのが正しい。
これまでの人生振り返ってもまわりのことで悩んだりストレスを感じて落ち込んだりということはパッと思いつかない。

いっぽうで自分の内面からくるストレスは尋常じゃないものがある。
自分の人生観とか物事の考え方とか気性が、常に自分に「人生をもっとベターにしよう」と考えを強いるものであるから、普段のほどよいストレスは自分の原動力になる。
しかしそれも度が過ぎると耐えられないほどのストレスになるし、やる気を失わせるし、自分に対して自分を苛立たせるし、悪循環に拍車がかかる。

前者のストレスには気分転換をして対処すればいい。
運動したり温泉に入ったりカフェでぼんやりしたり読書にふけったり友達と遊んだり愚痴を聞いてもらったり旅行に行ったり飲みに行ったり。
だが後者のストレスはどうすればいいのだろう。

気分転換しようにも気分転換している場合じゃないと感じるし、そうかといってストレスを放置しておくと衝動的に気を紛らす行為で自分を余計に傷つけてしまうし。
何かの答えを探すようにネットをして夜更かししたり、酔いが残るほど一人で酒を飲んだり、指を入れて吐いてしまうまで暴食したりすることは、何の解決にもならないことなんてはじめから頭ではわかっているんだけど。
内的なストレスは時間をかけて蓄積される反面で、そこから回復するのにも時間がかかる。
そのことを考えるだけでもしんどいので、「もうこのままどうにでもなれ」となってしまう。

−−−

こうして文字を起こしてブログを書いているが決して愚痴や負の側面を語りたいわけではない。
誰の人生でも起こり得るような自暴自棄な状態だからこそ、みんなはどう対処しているんだろうと漠然と問いを投げかけたり、自分の状態を描写してみたりすることが、そこから脱却するには有効だったりする。
そういう意味でブログは客観的に物事を考えるツールとして役に立ったりする。
公開すること前提で客観的に書いて、やっぱり内にしまっておこうというのもアリだしね。

客観的に考えて「ん?自分アホじゃね?」って思えたら自暴自棄の渦中から抜け出せる。
あと一週間すれば仕事も休みだしジムも休みだし航空券買ってるし、嫌でもガス抜きするしかない。
落ち着いて文章を書くことができる週末の朝まで持ちこたえた自分はそれだけでもすごいと賞賛して、また頑張ることにしよう。

***

P.S.
「人生をもっとベターにしよう」ってmake life more betterだからおかしくね(頭痛が痛い的な)って思ったけど、make life much betterって考えるとおかしくない。
bestを目指す完璧主義を捨てて、"betterを積み重ねる主義"になってからは以前よりも心持ちは軽くなったんだけど、それでも現状みたくストレスが溜まるもんだから塩梅は難しいね。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*