Yes24.comで本を買った

韓国の大手オンライン書店で本を買ってみた。海外発送しているのにWebサイトは韓国語オンリー。しかもクレジット払いをするのにActiveXが動かないとダメなのでわざわざMacからWindowsを立ち上げて購入した。久々にIE触った。

注文するのにとても時間がかかったのに荷物のほうはEMSですぐ届いた。TOEIC, TOEFL, GRE, GMAT等々、韓国の書籍にも優れた参考書・問題集があると聞いたので試しに購入してみた次第です。中国・韓国のこういった各種資格・入学試験への熱(市場)は日本以上に成熟しているものがあり、ときに精巧な試験対策の功罪なのか見かけの点数に比べ全く英語ができない留学生が米国の一流大学に潜り込んでしまうとかしないとか。その背景には日本以上の熾烈な競争社会とグローバルエリート志向があるのだろうな。近年流行りのフィリピン語学留学も現地の学校は韓国資本のものが多いし。数日前まで卒業旅行に出かけていてセブ島・マクタン島にも数日間滞在したが、やはり現地の遊ぶところで出会うのは韓国人の学生が多かった。というかどこの国に行ってもサムスンとヒュンダイを見かけるし、どこの宿に泊まっても韓国人に出会う。翻って日本と日本人のことを考えてみると、いま話題の移民受け入れは日本という国では特に難しい気もするし、逆転の発想で移民受け入れのリスク(例えば労働市場の激変)とグローバル化の流れ(あるいは移民政策が定着せず人口減少に歯止めがかからずガラパゴス市場が縮小するというシナリオ)を考慮して自分たち日本人がいつでも外に出られる準備をしておくことが肝要なんじゃないですかね、と思ってもいないことを書いてみる。Anyway, 英語圏の大学に留学したいと考えている人は、韓国の予備校とか教材をうまく活用したらいいんじゃないかというのが今日言いたかったこと。授業が英語で行われていればの話だけど。参考書・問題集を選ぶときも解説が英語のものを選んでください。個人的にはハングル勉強したいけど。ソウルは気に入っている都市のひとつなのでいつか住んでみたい。

***

P.S.
Macで仮想化ソフトを使ってWindows動かしているけど、Parallels DesktopとVMware Fusionの両方を使ったことがある自分としては後者のほうが動きが良くて気に入っている。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*