身体のコンディションを整えるのも仕事

10月はなんだか忙しい一ヶ月だった。調子を取り戻してあれこれと試みをして、前進のあった良い月だったけど、体調管理の面で反省すべき点も多かった。前半は仕事も仕事以外も精力的に取り組んでいたが、疲れを溜めて風邪をひいてしまい、後半は体調不良のなか仕事→家でぐったり→タスクが溜まって週末休めない→体調不良という負の連鎖だった。風邪がまったく治らず2回も会社を休んでしまい、仕事の遅れを取り戻すために始発まで働いて、休みの日はボロボロの体でジムに通っていた。いま思うとどこかでしっかり休めば良かった。休む習慣を持つから時間が生まれて頑張れるし、そうあるべきだと猛省した。

風邪をひかない身体かどうかというのは体調管理の良し悪しのバロメーターな気がする。部屋の温度・湿度を調節したり手洗いうがいを心がけたりして風邪の感染経路を断つことが、病原体に負けない身体づくりと同じくらい大事なことだ。そんな当たり前の心がけを怠るのは社会人としてもボクサーとしてもプロ意識が欠けている証拠だ。

この週末はそんな反省をしながら、しっかり休んで体を動かして健康的な食事が出来たので、11月はこのままコンディションを維持したい。それも仕事の一部だ。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*