2014年総括

ひとことで言うと自分の考えがまだまだ未熟なんだと思い知らされた年だった。

2014年は大学を卒業して社会人として働き始めた節目の年。良い年にするぞと意気込んで2013年末に立てた一年の計は、結果的に全く役目を果たさなかった。

学生のころから働いている職場に入社することになっていたので自分なりに見通しは立っていたつもりなのだが、4月になって実際に社会人になってみると想像以上に大変なことが多かった。

職務内容が、という話ではなく、意識の切り替えに苦労した。仕事以外のやりたいことや目標に対して十分な時間を確保することができず、折り合いがつかずにストレスを抱えて働いた。それが原因で体調を崩してしまい、目標のいくつかを断念した。その後しばらくは仕事以外の時間は何かを頑張るということから離れて休養していた。入社以来、勉強-仕事-ボクシングという生活が続いていて長らく友達と遊んでいなかったので久々に連絡をとって遊んだ。症状が段々と良くなって10月くらいには完全回復した。それから社会人という立場に対する認識を改めて、その中で目標やキャリアを考え直して立ちなおった。それで仕事を頑張っていたら気が付けば2014年が終わっていた。

そういう一年だったので、今年何やったかなとふりかえると空回りしてたなと思う。なので2015年の一年の計はけっこうシンプルで、「2014年に出来なかったことをやる」だ。2015年にやろうと思っていたことは2016年にやることにした。

学生のときはいつも"何をやろう"と考えていたけど、いまは加えて"どこまでやろう"ということをよく考える。

いまいくつか取り組んでいることはどれも時間をかけるに値するので、2015年は腰を落ち着けて集中したいと思う。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*