研究室にいる時間が職場で働いている感覚と全く同じになった。学校という社会に属している感じが全くしない。夏休み前までは授業と課題がベースで、それ以外の時間はひたすら言語処理と機械学習の勉強。先生・先輩・同期と新しい人間関係を構築して、学生に戻ったなあという気持ちがしばらくあった。前期の終わりには解析・学習のアルゴリズムがある程度実装できるようになり、夏休みは研究室にこもって論文を読んだり自分の研究テーマを進めたりすることができた。

続きを読む