Python wrapper for RNNLM Toolkit

I implemented a Python wrapper for Tomas Mikorov’s RNNLM Toolkit (http://rnnlm.org/) .
https://pypi.python.org/pypi/rnnlm-python

Using this, you can train a Language Model from Python. Since this works in C++ in background, training performs as fast as the original toolkit.
This also includes loading function for the binary LM file, so you can even retrive it in Python after training by the original C++ program.

To install rnnlm-python, try this command:

% pip install rnnlm-python

Source code and detailed instruction availble here:
https://github.com/chantera/rnnlm-python

If you find a problem, please let me know in Github.

Tomas MikolovのRNNLM Toolkit (http://rnnlm.org/) のPythonラッパーを実装しました。
https://pypi.python.org/pypi/rnnlm-python

このラッパーを使えばPythonから言語モデルの学習ができます。バックグラウンドはC++なのでオリジナルと同じぐらいの速さで動きます。
学習済みのバイナリファイルも読み込めるので、オリジナルのC++で出力したファイルもPythonから取り扱えます。

インストールは下記コマンドでできます。

% pip install rnnlm-python

ソースコードと詳細は下記で見ることができます。
https://github.com/chantera/rnnlm-python

不具合があればGithub等で連絡いただけるとありがたいです。

最近の進捗

8月に入って早くも2週間が経った。2ヶ月間の夏休みのうち1/4が過ぎたと思うと長いようで短いものだなと感じる。
最近の進捗は停滞気味のような気がしていたが、着実に力がついていると実感する出来事があった。

続きを読む

研究の夏

テストもレポートも終わってようやく夏休みだ。なんというかⅡ期はずっと手を動かしていた2ヶ月だった。

続きを読む

早くもⅡ期

早いものでⅡ期が始まった。NAISTは4学期制なので先週までは期末テストだった。
進捗の整理を兼ねてブログを更新しようと思っていたけど思いのほか課題や勉強に追われてしまった。

続きを読む

25歳

25歳になった。普段は休みなく勉強しているので誕生日ぐらいは京都か奈良をゆっくり観光しておいしいものでも食べようかと考えていたけど、勉強したいので部屋にこもる。

先週同期からお祝いしようと言われていて、ありがたく受け止めつつも知り合って一ヶ月の仲なので、飲みに行くぐらいかなと特に気に留めていなかった。

続きを読む

楽しいGW

研究室の先輩・OBでブログを残している方が多くて大変参考になる。自分も誰かの役に立てればと思って少し更新頻度を上げたい。そういうわけで特に書くほどのネタがなかったGWについてふりかえる。

続きを読む

研究生活1ヶ月目@NAIST

NAISTに来て今日で1ヶ月。「時間が経つのが早い」とは意外と感じないのでわりと充実した時間を過ごせていた気がする。立ち上がりとしては悪くないと思うので今後の23ヶ月をいかに使うかをじっくり考えている。

続きを読む

MacのCmd+Shift+かなで中国語入力

Karabinerのprivate.xmlの設定。


<?xml version="1.0"?>
<root>

  <vkchangeinputsourcedef>
    <name>KeyCode::VK_CHANGE_INPUTSOURCE_CHINESE</name>
    <inputsourceid_equal>com.apple.inputmethod.SCIM.ITABC</inputsourceid_equal>
  </vkchangeinputsourcedef>
  <item>
    <name>Change input source to Chinese by left cmd key + left shift key + KANA</name>
    <identifier>private.change_input_source_to_chinese</identifier>
    <autogen>
      __KeyToKey__
      KeyCode::JIS_KANA, ModifierFlag::COMMAND_L | ModifierFlag::SHIFT_L,
      KeyCode::VK_CHANGE_INPUTSOURCE_CHINESE
    </autogen>
  </item>

  <vkchangeinputsourcedef>
    <name>KeyCode::VK_CHANGE_INPUTSOURCE_KOREAN</name>
    <inputsourceid_equal>com.apple.inputmethod.Korean.GongjinCheongRomaja</inputsourceid_equal>
  </vkchangeinputsourcedef>
  <item>
    <name>Change input source to Korean by left cmd key + KANA</name>
    <identifier>private.change_input_source_to_korean</identifier>
    <autogen>
      __KeyToKey__
      KeyCode::JIS_KANA, ModifierFlag::COMMAND_L,
      KeyCode::VK_CHANGE_INPUTSOURCE_KOREAN
    </autogen>
  </item>

</root>

ちなみにCmd+かなは韓国語に割り当てている。

しばらくは勉強

NAISTに入学してから2週間が経った。
履修も決まって授業に出席したり専門分野の勉強をしたりして時間があっという間に過ぎてしまった。
研究室も無事に自然言語処理学研究室(松本研)に配属が決まり、研究会や勉強会に参加して徐々に院生らしい生活になりつつある。

続きを読む